※1…2016年5月時点。日本能率協会総合研究所調べ。日本国内で市販されている家庭用商品で、「オリゴ、オリゴ糖」を含む粉末、顆粒、シロップ状の商品を対象とした前年度までの年間販売額にて。
※2…モンドセレクション最高金賞を5年連続受賞(2012-2016)
※3…NPO法人日本サプリメント評論会により、安心・安全評価製品として承認されており、
第3者検査機関で放射性物質含有量の検査を受け基準値をクリアしている製品です。
※4…具体的な身体の変化を示すものではございません。


カイテキオリゴ 体験談

 





※あくまでも個人の感想であり、全ての人に同様の実感をもたらすものではございません。
カイテキオリゴ 体験談

 

なぜ?『カイテキオリゴ』は日本一選ばれているオリゴ糖になったのか?

当『カイテキオリゴ』は店頭販売をしておりません。
通信販売のみにもかかわらず「日本で一番売れているオリゴ糖」※1です。

弊社はもともとカニやメロン、チーズケーキなどの北海道のグルメ特産品を販売する会社でした。
ある時、仕入先担当者のSさんという方からお電話をいただきました。(S・・・Sさん 北・・・弊社)

S『北海道産のてん菜から天然抽出したオリゴ糖のとても良い
健康食品素材があるんです。御社で商品化しませんか?』

北『いやぁ〜、弊社は北海道の食品と言っても
健康食品ではなくグルメ食品の販売がメインなので、
あまり弊社のお客様には合わないと思いますよ』

S『じゃぁ、サンプルを送るので、それを召し上がってから
判断してもらえませんか?』

北『随分自信がありますね。いいですけど、あまり期待しないでくださいね』
S『はい。きっとスッキリしていただけますよ!2〜3日分お渡しいたしますね』
北『わかりました。少し期待してサンプルの到着をお待ちします』

・・・ということで、てん菜(サトウダイコン)から天然抽出した
オリゴ糖の原料サンプルが数日後に届きました。


  ちなみにオリゴ糖は、体内の善玉菌であるビフィズス菌をサポートします。
  それにより、年とともに減少するビフィズス菌の働きを補い、健やかな体内環境に整え、
  中からキレイをサポートします。


届いたオリゴ糖の原料サンプルを早速、自然にスッキリしたいというスタッフ2名が持ち帰り、
2〜3日様子を見ることにしました。

そして数日後、スタッフM(37歳女性)が


と出社するなり興奮して言いました。
そこでもうひとりのスタッフF(26歳男性)に「君はどう?」と聞くと、 と言うのです。

「へ〜、すごいなぁ!」と驚いていると、さらにスタッフたちが



と興奮してプッシュしてきました。

「よ〜し、そこまで言うなら前向きに考えよう」ということで、
他のオリゴ糖の健康食品との違いや、このオリゴ糖の原料について様々な角度から検証しました。
この間、スタッフ2名は「今までの苦労がウソの様に毎日スッキリ健康的です!」とのこと。

検証を重ねた結果 「これは皆様にオススメできる!」ということで、
早速この原料を基に商品化して、グルメ特産品専門サイトの片隅に掲載して販売することになりました。

私たちとしてはそもそも、
「弊社のお客様はグルメ食品を求めているが、そのお客様の中にも同じように
スッキリ体験したい方もいらっしゃるだろう。そのような方が一人でも救われれば・・・」
という気持ちで販売したのです。

ところが「お宅が売る商品だったら間違いないだろう」ということで、
多くの方にご購入いただきました。しかし、話はこれでは収まらなかったのです。

「この20年は何だったの!?と思うぐらい毎日スッキリ!」
「もう以前の生活には戻れません!」
「もっと早く知っていれば良かった」
「朝のスッキリ感の気持ちよさにビックリ!」
「こんな手応えは初めて!」
「自然食品だからとっても安心できますね!」
「クセがないので毎日飲みやすい!」

などご購入いただいたお客様から、
私たちの想像を超えた喜びのお声
が殺到しはじめました。

特に「涙が出た」、「もう手放せない」、「一生使い続ける」とまで言ってくださるお客様が続出。
そのあまりの反響に私たち自身がビックリしたのです。


そして一度ご購入いただいた方からのクチコミがきっかけとなり「北海道にスゴイ商品がある」ということが
ネットやクチコミを通じてどんどん広まっていったのです。

「こんなに多くの方が日々悩んでいらっしゃったんだ」と、改めて実感しました。

そこで、研究開発チームを設置し、さらなる原料の研究を重ね、
学者でも解明できなかった画期的なスッキリ促進の仕組みである「EOS理論 ※2」を独自に発見し、
より多くの善玉菌をサポートして結果を出すことができる商品へと進化させていったのです。

また、多くのお客様からのお問合わせ、ご要望にお応えするため、健康管理士による
専用サポート体制を万全にしました。

そういった努力も相まって、この「カイテキオリゴ」はネットとクチコミだけで
全国にご愛用者様が30万人を超えるほどまでに広まっていき、
信頼と実績で「日本で一番売れているオリゴ糖」
1になったのです。
(現在でも、1分に1個の割合で売れています。

※1:日本で一番売れているオリゴ糖・・・2016年5月時点。日本能率協会総合研究所調べ。日本国内で市販されている家庭用商品で、「オリゴ、オリゴ糖」を含む粉末、顆粒、シロップ状の商品を対象とした前年度までの年間販売額にて。
 



 

 

※1:日本で一番売れているオリゴ糖・・・2016年5月時点。日本能率協会総合研究所調べ。日本国内で市販されている家庭用商品で、「オリゴ、オリゴ糖」を含む粉末、顆粒、シロップ状の商品を対象とした前年度までの年間販売額にて。


 


お客様の将来を見据えた商品開発に、共感。

私は、北の快適工房さんの考えに非常に共感している医師の一人です。

北の快適工房さんは、一時的な対処ではなく、もっとその先のお客様の生活まで考えて、身体がもつ本来のチカラを発揮できるような商品を開発されています。

そして、「理論先行」の商品開発ではなく、モニター調査で実感度が高かったものだけを商品化するという「実感主義」というモットーで商品を開発されています。

こまくさ女性クリニックでは「予防医学」に力を入れております。もちろん、発症した後の「今すぐの対処治療」も大切ですが、その前に「予防」ができればそれに越した事はありません。予防ができずに「対処治療」に至ってしまったあとも、生活習慣を改善し長いスパンで身体を整えていくことが大切になります。

北の快適工房さんのような企業がもっと増えてくれたら、「予防」「今すぐの処置」「将来までも見据えた処置」の三方面から多くの方の悩みを減らすことができると思います。
これからも応援しています。

サポート体制が整っているので、安心感がありますよね。

北の快適工房さんは、本当にまじめにお客様のアフターフォローに力を入れていらっしゃると思います。

使用方法だけでなく、「健康管理士」による 健康・美容相談窓口を設けるなど、お客様のライフスタイルをより良くするためのサポート体制が整っていると感じています。

私の医院にも、様々な悩みを抱えた患者さんがいらっしゃいます。悩みも、トラブルの原因も十人十色ですが、北の快適工房さんなら、困ったことがあれば、すぐに相談できるサポート体制が整っているので、安心感がありますよね。

これからも北の快適工房さんには、お客様第一に頑張って欲しいと願っています。


 



『カイテキオリゴ』は、独自の「EOS(イオス)理論」に基づき、北海道のてん菜(別名:サトウダイコン・ビート)や牛乳といった、全て自然由来の素材から抽出した高純度・高品質なナチュラルオリゴ糖食品です。
赤ちゃん、妊婦さん、ご高齢の方までご家族皆様でお召し上がりいただけます。


--------------------------------------------------------------------------------------
『カイテキオリゴ』はNPO法人日本サプリメント評議会により
安心・安全評価製品として承認されており、
第3者検査機関で放射性物質含有量の検査を受け基準値をクリアしている製品です。
--------------------------------------------------------------------------------------
カイテキオリゴってどんなもの?※商品の詳細説明がポップアップ表示されます。
※『カイテキオリゴ』放射能分析試験結果について 詳しくはこちら

【原材料名】
ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、フラクトオリゴ糖、アカシア食物繊維、イソマルトオリゴ糖、難消化性デキストリン、ショ糖/環状オリゴ糖

100gあたり : エネルギー 210kcal、たんぱく質 0g、脂質 0g、炭水化物 93.7g、食塩相当量 0g
5gあたり(付属スプーン1杯分) : エネルギー10.5kcal、たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物4.69g、食塩相当量0g


 


全額返金保証について≫



 

3ヵ月お届け基本コースは3回以上のご継続がお約束となります。
3回以上のご継続を前提として割引させていただいておりますので必ず3回目まではお続けください。
定期コースの中止は3回以上のご継続後、いつでも承ります。
●特典や専用保存ボトルのデザインは予告なく変更する場合がございます。ご了承くださいませ。









専用保存ボトル単品でのお求めはこちらから≫



北の快適工房

Copyright© Kitano-Kaitekikobo All rights reserved